家 売る 査定

家を売るときの査定の方法がわかる

SUUMO 不動産 売る

SUUMO 不動産 売却

SUUMO 不動産 査定

SUUMO 不動産 相場

SUUMO 不動産 高く

SUUMO 不動産 会社

 

不動産を売りたい理由は人それぞれ。
遠方にある実家を処分したいとか、もっと駅に近いマンションに住み替えたいなど、いろいろな理由があります。

 

不動産を売却したいと思っても何から手をつければいいのかわからないのではないでしょうか。
不動産売買に関しては専門用語も多く、手続きも難しそうで素人では手が出せません。

 

するべきことが見えないなら、まず手始めに不動産の価値を調べてみませんか?
不動産の価値を知る方法は、不動産がある地域の不動産業者に査定を依頼する必要があります。

 

不動産の価値を知るには最低でも3社から査定してもらいましょう。
1社の査定だけでは、不動産の価値が本当に正しいのか判断できまないからです。

 

不動産会社のあてが3社以上ある方は問題ありませんが、ほとんどの方はそんなあてはないと思います。

 

そこでおすすめなのが、1度で複数の会社から査定できる「不動産無料一括査定サービス」です。
不動産会社の中には残念ながら悪徳業者もあって、素人ではどこがそうなのか判断することができません。
悪徳業者は「うちは悪徳です」という顔で営業することがないからです。

 

しかし不動産無料一括査定サービスで紹介される不動産会社は、一定の審査をクリアした不動産会社だけなので安心して仕事を依頼することができます。
不動産のある地域に対応できる会社を選んで査定が依頼できるので簡単かつ便利です。

 

不動産を売りたい理由が出来るだけ高く売りたいという人もいれば、とにかく早く売りたい人もいます。
ご希望に沿った不動産会社探しに不動産無料一括査定を活用してみませんか?

 

SUUMO 不動産 会社

 

 

不動産売却の手順

 

SUUMO 不動産 会社

 

不動産を査定してみて条件が良かったら、売却を希望する方も多いです。
売却が決定したら、まずは仲介を依頼する不動産会社を決めましょう。

 

一番高く査定してくれた会社でもいいですし、営業さんの雰囲気が一番良かった会社でも構いません。
不動産会社を選んで媒介契約を結びます。

 

媒介契約を結んだら次は集客です。チラシを作って配布したり、インターネットに情報を掲載して集客します。

 

しばらくするとネットやチラシを見たお客さんから問い合わせがありますから、不動産の見学が出来る準備をしておきましょう。
少しでも高く買って貰えるように掃除をしたり、モデルルームのように飾り付ける(ホームステージング)など工夫しましょう。

 

ホームステージングは実際に住むイメージが膨らむので、見学に来た方の購買意欲が増すというメリットがあります。

 

見学した人の中から「ぜひ買いたい」という方が現れたら、いよいよ売買契約です。
無事に不動産の売買が成立したら不動産会社に仲介料を支払います。

 

なんとなくイメージできたでしょうか?

 

 

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類

 

SUUMO 不動産 会社

 

自分が持っている不動産を不動産会社に売買してもらう契約を結ぶ時、知っておかなくてはいけないことがあります。
それは不動産会社との契約には3種類あるということです。

 

この3つの中からどの方法で媒介契約を結ぶか、1つ選ばなくてはいけません。
不動産会社との媒介契約には、1)一般媒介契約・2)専任媒介契約・3)専属専任媒介契約の3つがあります。

 

専門用語でわかりにくいですしどれでもいいような気がしますが、契約の内容が全然違うので注意しましょう。
媒介契約の詳細は以下に記します。

 

 

不動産の媒介契約の詳細

 

SUUMO 不動産 会社

 

不動産会社との媒介契約には、1)一般媒介契約・2)専任媒介契約・3)専属専任媒介契約の3つあります。
どの媒介契約を結ぶかで、不動産会社の仕事ぶりが変わってきます。

 

1)一般媒介契約:
一般媒介契約なら、不動産を購入したいお客さんを複数の不動産会社が探してくれます。自分自身でお客さんを探しても構いません。
受付窓口が多い分、高く買い取ってくれるお客さんが見つかる可能性が上がります。
ただし窓口が多い分、「別に自分が頑張らなくても他の不動産会社が頑張るだろう」という担当者の意欲に欠けるというデメリットがあります。

 

2)専任媒介契約
専任媒介契約は、契約した不動産会社以外がお客さんを探すことができない媒介契約です。ただし、自分自身でお客さんを探すことは可能です。

 

この契約の場合、他社からの仲介がない分担当者の士気が上がり、チラシ作製などの宣伝に注力することができます。

 

3)専属専任媒介契約
専属専任媒介契約は他の宅建業者に重複して依頼することができない媒介契約で、なおかつ自分でお客さんを探すことも不可能です。

 

これは、契約した不動産会社に不動産の売買をすべてお任せするような契約です。
ほかの人の力を借りる事ができない分担当者は本気を出すことができます。

 

チラシを作るには費用も労力もかかりますが、他社の力が及ばない分宣伝に注力することができます。
不動産会社が一番力を発揮しやすい契約の形と言えます。

 

媒介契約についてはもっと細かい決め事がありますが、だいたいのことを把握しておくと便利です。

 

 

神戸 戸建て 売却 相場 浜松 マンション 売却 価格 相模原 家 売り たい 松山 不動産 処分 土地 売りたい 方法